欠陥の発生を防止するには

ペネトレーションは、材料が何であるかには拠らずに、あらゆる砂型プロセスにおいて製造された鋳物に見られます。ペネトレーションを防止するには、効果の認められた一連の対策があります。そのうちの、基本的なものを以下に挙げます:

  • より粒の細かい砂を使用するか、または粒の細かい砂を追加して、外周部の砂の粒度を細かくする。中子砂に添加剤を加える。
  • ラストラスカーボンを形成する添加剤を増やす。溶湯注入時の熱の作用で炭素が軟化し、保護フィルムが形成され、ぬれ性が少なくなる。
  • 粘結剤および塗型剤の含有量を上げ、鋳型材料の充填性を下げておくことによって、砂の流動性が高まり充填性が改善される。
  • 少なくとも、鋳型および中子のペネトレーションの危険の高い部位に塗型層を作り、直接、鋳型および中子の表面の空隙率を減少させる。
  • 鋳造材料の化学的配合に、PやPbなどの境界面で活性を持つ元素が入らないようにする。
  • 溶湯の静力を下げ、鋳造方案を改善し、これによって、鋳型および中子部分への、溶湯注湯時の衝撃や激しい過熱を防止する。
  • 注湯温度を下げる。
  • 適切な塗型剤を使用する。