Inorganic No-bake Binder:Chem Rez 3000/ケムレツ3000シリーズ

- 水ガラス 自硬性バインダー -

Chem Rez 3000シリーズは、アシュランド・ケミカル・カンパニーが開発に成功した製品で、珪酸ソーダ(水ガラス)と組合わせることにより、従来の自硬性バインダーがもつ種々の欠点を解決することができます。
Chem Rez 3000シリーズは無毒の液状有機物質であるため、取扱い上特別の注意を払う必要がありません。また混砂の流動性も良好で、回分式ミキサー、連続式ミキサーのいずれも使用できます。
Chem Rez 3000シリーズは、硬化速度の異なる製品を用意しておりますので、可使時間と抜型時間を広範囲に選ぶことができます。

1.特長

  • 混砂時に悪臭がなく、また粉じんの心配もありません。
  • 混砂の流動性が良く高密度の中子や主型がえられます。
  • ガス発生量が極めて少なく、特に窒素は全く発生いたしません。
  • 中子や主型の寸法安定性が良く、また熱間強度もすぐれております。
  • ベーニングや、すくわれの欠陥が少なく鋳肌もすぐれております。

2.使用方法
 
 珪砂・・・・・100kg
 珪酸ソーダ(水ガラス)・・・・・4.5kg
 Chem Rez 3000・・・・・0.45kg

 簡易速練機
 珪砂にChem Rez 3000を加えて1分30秒間混練し、これに珪酸ソーダを加えて1分30秒間混練する。

砂の種類によって砂型の強度や硬化速度が異なりますので、使用される砂について最適のバインダー量、硬化剤量をご決定ください。またご使用になる珪酸ソーダのモル比は2.7前後(粘度500cps位)のものが最適ですが、気温、砂の種類によりご決定下さい。

3.鋳型の作り方

  • 混砂後直ちに造型してください。
  • 深いコーナー部やポケット部には砂を十分に詰めこんでください。
  • 離型は砂が固くなり、いくらか可塑性が残っている時点に行うのが最適です。
  • 塗型は離型後約3時間に行なってください。塗型が乾燥すれば注湯が可能となります。塗型をしない場合は、離型後約3時間で注湯できます。注湯をいそぐ場合は、離型後すぐベーキングすれば硬化時間を短縮することができます。