ISOCURE/イソキュア

- フェノールウレタン コールドボックスバインダー -

イソキュア・コールドボックス法は、文字どおり熱を必要としない高速鋳型造型法で、現在の鋳造技術にもっとも良くマッチしたものといえます。当社はASK Chemicals社との緊密な協力のもとに、わが国での要求に合わせバインダーの改良、技術サービスに努め、今ではFC、SC、FCD、軽合金鋳物等広い範囲でコールドボックス法をご使用いただき、省エネルギー、省力化、生産性向上のお役に立っております。

         当社バインダーの代表例と特徴

ASKケミカルズコールドボックスプロセスは鋳物生産のトータルコストダウンを可能にします。

  • 造型速度が速く、生産性が向上し、省スペースに役立ちます。
  • 省エネルギー/CO2削減が可能になります。
  • 中子の寸法精度が向上し、製品鋳物の加工が軽減されます。
  • 木型・樹脂型・アルミ型が使え、少量生産にも適合します。