収益性/生産性

ASK USAのエキスパートが推奨します。

もちろん、高い性能の離型剤を使用することで、中子や金型の工具の必要な清掃する頻度を長くすることができますが、機械の稼働時間を長くするための迅速で簡単な方法は、模型や金型や工具の面に付着した残留バインダーや砂の蓄積を除去するために、迅速かつ効率的なメタルクリーナーを使用することです。これらは新たに配合されたメタルクリーナーで、金型を清潔に保ち、中子や主型を製造するための理想的な表面を提供するだけでなく、ベントをふさぐことなく保つことにも役立ちます。破片のない金型とベントは、設備稼働を中断する時間を減少させ、それによって作業の生産性を向上させます。 メタルクリーナーは、バインダーを溶解するために処方された溶剤であることを覚えておいてください。 メタルクリーナーと金型材料、および接触する可能性のあるシールやプラスチックとの適合性を常に確認してください。様々な開発者が提供する「環境に優しい」または「エコな」洗浄剤があり、一部の鋳物工場で使用されていますが、これらの製品は一般的に、より環境にやさしい配合と言われる製品ほど、完全かつ効率的には機能しません。ASKのメタルクリーナーは、適切に取り扱えば、最も効率的で経済的に使用することができます。 

クリーナーは15分以内にコールドボックス樹脂を分解しますが、樹脂を軟化させることはあっても実際には分解しない旧式の製剤と比較しても性能は向上しております。

メタルクリーナーを堆積された部分(ビルドアップ/染み付き)に直接スプレーまたはブラシで吹き付け、少なくとも15分間浸漬させることが、金型を洗浄する最も効果的な方法です。 その後、軟化した汚れを簡単に除去することができます。これは、コアシューター(コールドボックス造型機)から金型を取り外さなくてもすべて可能であり、いままでかかっていた中断時間を節約することができます。 小さな部品は、クリーナーに含侵することができます。理想的には、製造に入る前にこれら金型の余分なクリーナをすべて拭き取るべきです。メタルクリーナーの多くは腐食性であり、誤った取り扱いをすると炎症を引き起こす可能性があるため、取り扱いや塗布を行う作業員には、個人用保護具が不可欠です。作業者は耐薬品性のある手袋とゴーグルを着用ください。 フェイスシールドも推奨される場合があります。正しい理解のために、使用前に安全データシート (SDS) を注意深く読み、十分に理解しておくことが重要です。  

そのため、全体的な技術サポートについては、ASKケミカルズの担当者に相談してください。

現在、片状黒鉛鋳鉄(ねずみ鋳鉄)と球状黒鉛鋳鉄(ダクタイル鋳鉄)の2つの工程があります。当社では小型鋳物を大量に生産しており、自動注湯装置(ストッパーロッド)を備えた自動注湯ライン(生型、垂直割)で注湯されます。このラインでは注湯流接種で良好な結果を得ていますが、一部の球状黒鉛鋳鉄製品では時折炭化カルシウムによる欠陥が発生します。 
当社の大型鋳物には、中型のループラインで自硬性バインダー(PEP SET™)を使用し造型しています。 造型された鋳型は、手動で注湯するために注湯フロアに移動されます。これら自硬性バインダーで造型された鋳物では、微細組織と機械的性質の管理が困難であり、結果として欠陥率が高くなります。このような、土間込め造型鋳造品のために、より信頼性の高い接種方法を提案できますか?

ASK USAのエキスパートが推奨します。

貴社の(小物用の)自動注湯ラインにおいては、注湯流接種により、添加のタイミングを鋳込みに近いタイミングにしていることが、良好な結果につながっていると思われます。手動鋳込みの大型鋳物ラインに対しても同様に添加のタイミングを遅らせることにより改善が期待されます。しかし、注湯流接種を使用することは現実的ではないと思われますので、他の方法を検討する必要があります。

近年、機械的性質の改善に対する要求の高まりと、電気炉で溶解された溶湯の接種効果を改善するために鋳型内が溶湯で満たされる直前に接種をする方法=後期接種法が確立されました。
貴社の自動注湯ラインでは、注湯流接種というかたちで後期接種を導入していることにより、求められる品質規格に対応できております。 注湯流接種は、毎回同じ箇所から同じタイミングで接種する製造法(=自動注湯)では最適な接種方法です。 しかし、設備が必要となるため手動注湯での適用は容易ではありません。
鋳型から鋳型への取鍋の移動は、いずれにしても大変な作業です。かといって注湯流接種設備を取鍋と一緒に移動することは時間もかかり面倒です。そうであれば、注湯時に作業員が検量された接種剤を添加することで注湯流接種を実施することは可能ですが、人件費、安全性などではデメリットもあり、作業者が添加する事から添加量が不均一になる可能もあります。
 別の方法として、この手動鋳込みラインでのより現実的な後期接種法の確立を検討しましょう。鋳型あるいは注湯堰などに、フェロシリコンの塊状接種材=鋳型内接種の使用です。この手法は手動鋳込みでの後期接種法として実用的な方法として広く採用されております。実際、これはあらゆる鋳型や注湯現場にて広く用いられております。この手法の採用により以下のメリットを得られます。

  • 鋳型内での接種のため、フェーディンの心配がなく、凝固直前まで接種効果が持続します。
  • 適切な添加率。鋳型内接種法は15種類以上のサイズで製造されているため、鋳型に適した添加量(0.1~0.2%)を管理することができます。
  • 均一な接種が可能であり、注湯中に鋳型内接種材が連続的に溶解するため、均一な接種を達成できます。
  • 大気中で接種材が溶存していくわけではないので、スラグの発生がなく結果としてクリーンな接種を実現します。
  • 片状黒鉛、球状黒鉛鋳鉄問わず強力な接種効果を発揮します。

鋳物の冶金品質を改善し、ばらつきを減らし、スクラップを低減させることでトータルコストを削減する接種方法をお探しの場合は、この鋳型内接種法をご検討ください。GERMALLOY™ はとりわけダクタイル鋳鉄に、OPTIGRAN™はねずみ鋳鉄向けにお勧めします。ASKケミカルズの冶金学の専門家は、自硬性および生型造型作業のための最適なサイジングおよび鋳型内接種の適用に関する推奨事項を提供することができます。

推奨事項については、ASKケミカルズのお問い合わせ先にご相談ください。