サンドバインダーシステム

サンドバインダーシステムに関する有用で最新の情報が満載の13部構成の連載を開始します

このシリーズでは、鋳造用バインダーとそれに関連するプロセスのトピックについて説明します。この新しいシリーズは、樹脂で造型した中子と主型製作の実際の作業に焦点を拡大しています。さらに、現在の市場で利用可能な装置のいくつかが含まれています。プロセス自体に重点を置き、各バインダーシステムの特徴について説明します。

よくある質問についてもお答えします。いくつかの質問は簡単にお答えできますが、いくつかは非常に多くの考えられる答えが存在し、ベストアンサーは意見ということになります。必要に応じて、さまざまなシステムとバインダーのそれぞれの環境特性と再生や再利用について説明します。

何よりも、私たちはこのシリーズを実用的で、有用で、有益なものにしていきます。作業担当者と情報を共有して、日常的に使用する中子プロセスと主型プロセスについて、より深く理解していただけるようになることを願っています。

サイドバインダーシステムの目次は以下の通りです。各見出しをクリックして、連載をご一読ください。

パートI:樹脂バインダープロセスの実用的側面
パートII:樹脂/砂の相互作用
パートIII:ウレタンバインダー
パートIV:ウレタンバインダー(続き)
パートV:フラン ノーベイク
パートVI:シェルプロセス
パートVII:酸硬化フェノールノーベイクとブローノーベイク
パートVIII:エステル硬化アルカリフェノール樹脂
パートIX:アクリル-エポキシ/ SO2コールドボックスプロセス
パートX:フェノールウレタンアミンコールドボックスシステム
パートXI:フェノールウレタンアミンコールドボックスシステム(続き)
パートXII:ホットボックス、ウォームボックス、および油中子
パートXIII: CO2水ガラス、水ガラスノーベーク、CO2硬化アルカリフェノール
結論