環境

持続可能な製品での長期的な競争力

環境と従業員を有害物質から保護します:これは、ASKケミカルズが取り組んでいる、鋳造業界が直面している現在の主要な課題の1つです。 当社の製品群により、経済性と鋳物品質を犠牲にすることなく、環境にやさしい方法で生産したいお客様をサポートします。
当社の持続可能なアプローチは、製品の効果を高めながら、フェノール、ホルムアルデヒド、VOC、および芳香族炭化水素(BTXなど)の排出を削減することです。
ECOCURE BLUEやINOTECなどの革新的な基幹技術と、低ホルムアルデヒドシステム(LFS)などの製品パッケージは、排出規制に関連する鋳造業界の典型的な挑戦への回答です。

排出規制の遵守

革新的な製品を開発する場合、環境保護の要件を満たすと同時にコストを削減することが重要です。 私たちは、鋳造工場がのより厳しい大気品質規制に関する技術的指針(ドイツの規格)に安全に準拠し、お客様に解決策をどのように提示できるか取り組んできました。 より厳しい規制と解決策の詳細については、こちらをご覧ください。

技術資料は こちら (English only)

INOTEC – 完全に有害物質の排出がないバインダーシステム

環境保護の観点から現在最適なのは、特許を取得した無機バインダー技術です。 アルミ鋳造のために開発されたINOTECプロセスは、環境配慮と品質のバランス、製造プロセスにおける生産性の向上を特徴としています。 完全に有害物質の排出がありません。 有機系バインダーで必要な排気フィルターや処理設備は必要ありません。
 

INOTECの詳細については、こちらをご覧 ください。

新しいアルデヒド規制に対して低ホルムアルデヒドシステム(LFS)で対応する

より厳しい規制要求は、たとえば、鋳造工場の排気エアー中のホルムアルデヒド量に関係します。 ドイツでは、排気ガスの流れにおいて、ホルムアルデヒドを5 mg / m3に減らす必要があります。 低ホルムアルデヒドシステム(LFS)により、ASKはお客様をサポートします。 ECOCURE BLUE LFSバインダー、MIRATEC LFSコーティング、およびVEINO LFS添加剤からなるパッケージにより、排出限界値をピンポイントの精度で満たすことができ、スクラバーや再生熱酸化(RTO)などの二次対策に投資することなく、安全衛生を向上させることができます 。

LFSの詳細については、こちらをご覧 ください (English only)

ECOCURE BLUEの包括的なアプローチ

新しいECOCURE BLUEシリーズは、有害物質排出量の大幅な削減と効率性を組み合わせた、技術革新への包括的なアプローチです。 ASKケミカルズは、PU(ポリウレタン)コールドボックスECOCURE BLUEを使用して、バインダー化学の歴史において有害物質の表示ラベルをなくしたコールドボックス材料パート1を初めて導入しました。 必要なバインダーの量を大幅に削減でき、鋳造中のBTX排出量を大幅に削減できます。 バインダー中のフェノール含有量が1%未満と低いため、古砂による汚染が低減され、埋め立てが容易になります。

ECOCURE BLUEシリーズの最新型番は、ユーザーにさらに多くの選択を提供できるようになりました。ECOCUREBLUEは、今はECOCURE BLUE Pureと呼ばれ、すでに述べた利点を提供しています。 ECOCURE BLUE ULTRAに含まれているホルムアルデヒドは、<0.01%以下ですが、同じ特性をもっています。 現在、この製品シリーズには、-18度という低温で保管できるECOCURE BLUE ICEが追加されています。

詳しい情報は、こちらをご覧  ください。 (English only)

新しいPUベースの常温硬化タイプによるフェノール削減

現代の鋳造所は、その製造特性、より良い鋳造結果、およびより高い生産性のために、PEP SETプロセスがますます広がってきています。 PEP SET SILVERは、常温硬化性で、フェノール排出量を削減するためのASKケミカルズの新しい解決策です。ポリウレタンをベースにした次世代の自硬性バインダーシステムです。
モノマー、特にフェノールの比率が特に低いのがPEP SET SILVERの特徴です。

再生砂中のフェノール濃度は、PEP SET SILVERによって大幅に低減され、実際の鋳造にて確認できています。これは、環境への利点に加えて、廃棄コストが減少するため、収益性に明らかな改善が期待できます。 従業員や近隣の住宅地の居住者は、煙や臭気の汚染が少ないため、新技術の使用を強く望み、感謝しています。

詳しい情報は、こちらをご覧 ください。

XPURIS – 排気ガスの浄化を再考する

Xpurisは、鋳造プロセスの二次的対策として、特許出願中の排気ガス浄化プロセスです。 触媒酸化と光酸化の組み合わせによる化学反応に基づき、排出量を削減し、規制値に適合させることができます。 このシステムはモジュール化されており、さらに粒子や臭いのフィルター捕集もできます。 センサーを使った測定および制御技術により、排気浄化を効率的に実行します。エネルギー消費は実際の排出濃度に影響します。

詳しい情報は、こちらをご覧 ください。