鋳造用ワイヤー法

ワイヤー法評価オプション - 評価、トライアル、実施

ASKの専門家による構想から量産まで

このウェビナーでは、ASKの専門家であるFrank Pyzynskiが、ワイヤー法への変換オプションを紹介します。ASKの専門家が、そのメリットと導入方法をご紹介します。プロセスは3つのフェーズに分かれています:客観的な評価、試験装置を使ったトライアルプロセス、その後の量産への導入です。Frank Pyzynskiは、実践的な例を用いて、プロセスの成功要因を導き出します。

このウェビナーにどんな人が参加すべきでしょうか?

  • 鋳造工場長
  • 溶解工程マネージャー
  • 鋳造技術者
  • 製品開発者
  • 生産マネージャー
  • インダストリー4.0(=工業のデジタル化)やマグネシウム処理の代替技術に関心のある方

こちらで参加登録をしてください:

スピーカー

Frank Pyzynski, Technical Service Metallurgy