最適化されたコールドボックスシステムによる排出量目標の達成

市場競争の激化と、特にVOCとBTXに関するより厳しい排出規制により、鋳物工場は再び多くの課題に直面しています。 排出量を削減するための有力な手段は、コールドボックスバインダーシステムを使用することです。コールドボックスバインダーの反応性を特に高くして、バインダーの使用量を減らすことにより、排出量の削減も可能となります。

ASKオンラインアカデミーのウェビナーでは、当社のエキスパートであるフランク・レンゼン(コールドボックス製品の技術部長)がECOCURE BLUE PROを例に、バインダーとアミンの使用量を減らしながら、同時に鋳造特性を最適化することで排出量を削減する方法について説明します。

発表者

コールドボックスのテクニカル プロダクト マネージャ、Frank Lenzen

動画はこちらから