MAGNASET 2.0 – 危険物分類を改善した環境に優しい新世代のフラン樹脂

高品質化の要求、厳しい環境規制対応、および強い低コスト化圧力に加えて、鋳物工場ではサステナビリティと健康への意識がますます重要になっています。そのため、ASKケミカルズは環境にやさしいノーベークフラン樹脂として、第2世代のMAGNASETを開発しました。 MAGNASET樹脂は、遊離フルフリルアルコール(FA)の含有量が少なく、通常のフラン樹脂に匹敵する性能を備えています。新しい技術には重要な特長があります:危険物分類の改善、最初のMAGNASET世代と同等性能時での排出物削減の可能性、および貯蔵安定性の向上です。遊離FA含有量が40%未満であるにもかかわらず、事例として、通常のフラン樹脂は50〜95%を遊離FA品に置き換えることができます。

このウェビナーでは、Nicolas Riensch博士がフランのノーベークバインダーシステムの特長と性能を解説します。高い鋳物品質を維持しながらサステナビリティと作業環境改善を進めたい鋳物工場では、MAGNASET 2.0を検討し、この有用なウェビナーにご参加ください。

発表者

Nicolas Riensch博士, ノーベーク研究開発部長

動画はこちらから