タールフリーの耐火材に関する解決策

社会がより環境に配慮した取り組みを進める中で、耐火材に含まれる材料は重要な要素となります。中でもコールタールピッチは、さまざまな理由で製造メーカーにとって真の課題となっています。マッド材や鋳造用るつぼ、そして耐火材の製造において、タールフリーバインダーなどの代替品は、有害な材料を置き換える現実的な解決策です。

また、耐火材の使用中に発生する有毒排出物は深刻な問題となっています。タールフリーの耐火材は、これらの排出物を最小限に抑え、作業場の安全性を確保するために役立ちます。

このウェビナーでは、弊社の専門家であり、工業用レジンのグローバル・テクニカル・プロダクト・マネージャーである、Thinus Bezuidenhout氏が、フェノール樹脂技術の最新の開発を紹介しながら、上記の課題に対する実行可能な解決策について解説します。また、輸出されるマッド材の貯蔵寿命や、鋳造用るつぼやレンガ製造時のヒビ割れに関する最新の製品イノベーションにも触れます。

これらの一般的な課題を解決するために、フェノール樹脂のさまざまな特性がどのように組み合わされるかをご説明します。

こちらから登録してください:

2024年4月18日午後3時(中央ヨーロッパ時間)に開催されるライブウェビナー

- 約30分  英語のウェビナー

Thinus Bezuidenhout, Global Technical Product Manager Industrial Resins

ウェビナー参加対象者?

  • 製品開発エンジニア
  • プロセスエンジニア
  • 調達・生産マネージャー
  • 工場長
  • テクニカルセールス
  • 環境部門の方々
  • 購買担当者
  • 自動車、大型トラック、鉄道、鉱業/建設、重工業分野の関係者