煙とダウンタイムを抑えて成功へ:中子および金型技術のイノベーション

中子および金型製造技術に関する最も大きな課題の2つは、金属鋳造時の発煙と、中子キャビティの清掃による頻繁なダウンタイムです。発煙とダウンタイムを削減するために、私たちは2つの新しいコールドボックス技術を開発しました。

1つ目のバインダーシステムは、注湯時の煙の発生が非常に少なく、水性コーティングに対する優れた浸漬(どぶ漬け)・乾燥特性を提供します。

2つ目の技術は、ブローチューブ下での樹脂/砂の拭き取り回数を減らし、固着による中子破損を少なくします。これにより中子の品質が安定し、洗浄によるダウンタイムが減少します。また、砂の流動性が向上するため中子密度が改善され、バインダーの削減が可能になります。

このウェビナーでは、当社の専門家であるコールドボックス研究開発マネージャーのスリタマ・カル博士が、これら 2 つのコールドボックス技術について詳しく説明し、煙の排出を抑え、洗浄時間を短縮することでどのようなメリットが得られるかを解説します。

発表者

プレゼンター:スリタマ・カル博士
Dr. Sritama Kar, R&D Manager Cold Box

動画はこちらから