添加剤使用によるPEP SET砂システムの煙抑制

フェノールウレタンバインダー(PUB)のような化学結合レジンシステムは、鋳造中子および主型製造の生産性と高品質の鋳物製造に最適なバインダーシステムです。このようなレジンシステムのいくつかの欠点の1つは、溶融した金属が化学的に粘結された砂構造体(CBSS)と接触すると、高レベルの煙が発生することです。レジンシステムの配合を調整することによって、汚染物質と排出物を削減する多くの作業が行われてきました。しかし、汚染物質のレベルは依然として問題になる可能性があります。私たちの目標は、最近開発された人工砂添加剤(ESA)によるデュアルシステムの潜在能力を示すことです。このシステムは、ベーニングに加えて、煙のレベルを減らすことができます。この種のデュアルエンジニアリングの考え方は、鋳造工場の空気の質を改善し、望ましくない排出物や汚染物質を削減すると信じています。

こちらで参加登録をしてください:

オンデマンド‐30分          日本語解説版

発表者

Dr. Paula Vivas

型、砂添加剤、補助材料と押湯システムの研究開発部マネージャー

動画はこちらから