コールドボックス法における再生砂に含まれる不純物の影響

一般的に使用されている鋳物リサイクル工程として、砂の再生が挙げられます。新しい砂を購入するコスト削減に加え、再生砂を使用する理由は他にもあります。輸送コストや埋め立てコストがかからず、鋳物工場の二酸化炭素排出量も削減できます。砂の再生を通じて鋳造工程で持続可能性を実現することは、今日から取り組むことができます。

このウェビナーでは、弊社の専門家であり、生産技術マネージャーのフランク・レンゼンが、不純物の影響と、コールドボックス法で再生砂を使用するその他の特長について説明します。

発表者

コールドボックスの生産技術マネージャー Frank Lenzen

動画はこちらから