VOCを最適化したバインダーシステム

中子生産および保管時の排出物を低減するためのVOCを最適化したバインダーシステム

排出物に対する包括的な考え方は、鋳造工程における個々の燃焼物に当てていた焦点から、ますます生産工程全体を考慮するように変わってきています。

多くの場合、過小評価され、無視されているのは、主に知覚できない揮発性成分、いわゆるVOCであり、中子生産と保管している場所で発生します。重大な職業上の暴露限界または臭いの閾値を超えなくても、将来に備えてさらに最小限に抑える必要があります。このようなことから、人や環境への負担は低く抑え続ける必要があるのです。当社のエキスパートであるFrank Lenzenは、VOC削減バインダーシステムの効果を利用して、将来の要求とより厳しいVOC制限を満たすために可能な手段を提示します。 

誰がウェビナーに出席すべきですか?

  • 製品開発エンジニア
  • プロセスエンジニア
  • 調達および生産マネージャー
  • 工場長
  • 技術営業
  • 環境管理部門
  • 鋳鉄、アルミニウム合金、鋳鋼の製造マネージャー
  • 自動車、大型トラック、鉄道、鉱業・建設、重工業分野の関係者

こちらからご登録ください: 

  • 2022年3月17日 15:00(CET), 23:00(日本時間)- 45分ウェビナー。    英語ウェビナー

発表者

Frank Lenzen, Technical Product Manager