中子生産および保管時の排出物を低減するためのVOCを最適化したバインダーシステム

鋳造ラインでの燃焼生成物への注目から、生産チェーン全体にわたる排出量の視点がますます重要になってきています。

多くの場合、過小評価され、無視されているのは、主に知覚できない揮発性成分、いわゆるVOCであり、中子生産と保管している場所で発生します。重大な職業上の暴露限界または臭いの閾値を超えなくても、将来に備えてさらに最小限に抑える必要があります。このようなことから、人や環境への負担は低く抑え続ける必要があるのです。当社のエキスパートであるFrank Lenzenは、VOC削減バインダーシステムの効果を利用して、将来の要求とより厳しいVOC制限を満たすために可能な手段を提示します。 

発表者

製品技術マネージャー Frank Lenzen

動画はこちらから