靴下を一足増やしても無駄 - 革新的な塗型剤と押湯技術で鋳造工場の電気・ガスコストを削減

照明を消して、冷たい水でシャワーを浴びて、セーターを重ね着する。これは、最近消費者に与えられる、エネルギーコスト削減のコツです。鋳物業界のようにエネルギーを多く使う業界においては、上昇し続けるエネルギー価格は、本当に厳しい困難をもたらしています。残念ながら、鋳物業界においては靴下を二重に履くような簡単な方法は役に立ちません。他の解決方法が必要です。

一つの方法として:塗型工程では乾燥にガス燃料が必要となります。使用ガスを節約するため、溶解炉の温度を最適化し、炉の無駄になっている熱をSOLITEC塗型の乾燥時間の短縮に利用します。また、砂添加剤であるVEINO ULTLAを使うと、塗型工程自体をなくすことができるかもしれません。

別の方法として:溶解炉が最大の電力消費者です。もし、毎月数トンの溶解量で、一枠あたり数kg少ない鋳込みが実現できるなら、電気代としては大きな削減効果があります。ASKのミニライザー技術は、鋳込み重量を減らし、エネルギー消費を最適化します。さらに、円柱状のUDICELLフィルターとハウジングの組み合わせにより、使用する金属材料を低減できます。

鋳造工場が革新的な化学物質や材料によりエネルギーコストを削減する方法は、あまりありません。私たちのウェビナーでは、専門家であるDr. Reinhard StötzelとMarcus Friedericiがガス燃料や電気を節約できる製造工程について、詳細をご説明します。

発表者

Dr. Reinhard Stötzel, Global Expert Coating & Additives (right)

Marcus Friederici, Sales & Technical Service Manager (left)

動画はこちらから