従来の製造業における仮想フィールドサービス

従来の多くの製造業では、対面でのサービスやサポートが期待されるだけでなく、必須であると考えられています。しかし、パンデミック(世界的大流行)では、この考え方が覆され、多くの製造工場がウイルスの蔓延を防ぐために外部のサービス業者に対して門戸を閉ざしてしまいました。このような状況の中、突然の技術サポート不足を解消するための創造的なソリューションが試されることになりました。その結果、これらのソリューションの利点が確立され、現在では成功裏に継続されています。

このウェビナーでは、デジタル化担当のCharles Hoertzが、鋳造業界における仮想フィールドサービスであるASKNowのソリューションと、拡張現実(AR)やライブストリーミングサービス(Apple Facetimeなど)ソリューションと比較した場合の利点について紹介します。

このウェビナーにどんな人が参加すべきでしょうか?

  • 従来の製造業マネージャー
  • インダストリアルセクターマネージャー
  • 鋳造技術者
  • 鋳造工場マネージャー
  • 運用管理マネージャー

発表者

Charles Hoertz, Head of Global Digitalization

動画はこちらから